暗号資産(仮想通貨)はじめてます

2018年に仮想通貨をはじめてみましたが、
資産が見るも無残に減少しました。

 

減少というよりほぼ消滅でした。

 

2017年に仮想通貨が爆上げしてビットコインが話題になり
私を含めて去年は仮想通貨に新規参入者が増えたのですが、2018年の1月のコインチェックハッキング事件からビットコインの価格がどんどん下がりました。

 

少し勉強して爆上げを狙うにはICOといって株式の新規公開株のような上場前のコインを購入した方が良いと思いいくつか買ってみましたが、どれも購入時より下がりました。
(他に2019年1月現在、未上場のコインをいくつか保有中)

 

ここでマイナスで終わったと捉えるのか!?
いや、まだ途中経過であり、2018年で学んだ知識を活かして2019年に挑もうと思っております。

 

と言いますのも、これからは暗号資産がよりメジャーになってくると予測しています。

 

キャッシュレス化が進み、現金が不要になってくる時代が近づいていると思っているので
暗号資産はオワコンではなく、実用的な物だけが残っていくでしょう。

 

ビットコインバブルのような投機的なものよりも日常で使えるコインが増えるでしょう。

 

そんな暗号資産ですが、仮想通貨と同じ意味です。
ですが、仮想通貨は徐々に暗号資産に名称が変更になっていくと思われます。

 

2018年にアルゼンチンで行われたG20で「仮想通貨は法定通貨としての特徴を欠いている」との理由から、G20は仮想通貨を暗号資産と呼び、国際機関による監視の必要性を訴えました。

 

そのあたりを踏まえて日本の金融庁も

 

「最近では、国際的な議論の場において、“crypto-asset”(「暗号資産」)との表現が用いられつつある。また、現行の資金決済法において、仮想通貨交換業者に対して、法定通貨との誤認防止のための顧客への説明義務を課しているが、なお「仮想通貨」の呼称は誤解を生みやすい、との指摘もある。こうした国際的な動向等を踏まえれば、法令上、「仮想通貨」の呼称を「暗号資産」に変更することが考えられる。」

 

として仮想通貨を暗号資産に名称を変更しております。

 

という訳で、仮想通貨は暗号資産になっていくでしょうし
仮想通貨に良い思い出がないので、心機一転ここのブログでも暗号資産で統一しようと思います・・・が

 

検索エンジン対策もかねてしばらくは暗号資産(仮想通貨)と書いておきます。

 

私が100万円以上溶かして勉強してきた上で、2019年に期待する暗号資産はこの3つです。

・リップル XRP
・チリーズ CHZ
・ノアコイン NOAH

 

これからもブログに登場する名称だと思うので覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です